【三菱東京UFJ銀行】メールアドレスの確認 ← 超危険!!

Pocket


フィッシング詐欺なので、
危険な部類の悪質迷惑メールです。

こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに
不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。

お客様のアカウントの安全性を保つために、
「三菱東京UFJ銀行システム」がアップグレードされましたが、
お客様はアカウントが凍結されないように直ちに
ご登録のうえご確認ください。

以下のページより登録を続けてください。

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

――Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

耐性のある人から見れば、日本語が少し不自然であること、
「こんにちは!」から始まることなど、
フィッシング詐欺であることは簡単に見抜けることかと思います。


スポンサーリンク

でも、私自身もそうですが、この手のメールがくると
いったんネットで確認する人もいらっしゃるかと思うので
ここで紹介しておきます。

まず、

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

というリンクですが、

http://www.gjshtech.com.js/

偽装リンクであり、ここからさらに

http://bk.mufg.jp.ixx.cn.com/ibg/dfw/APLIN/loginib/login.htm?_TRANID=AA000_001

へ飛ばされます。

2014y09m28d_211102606

このように私の場合グーグルクロームによりブロックされました。

普通に開いてしまうと、おそらく銀行の本物のサイトを模倣した
ページに入力フォームがあるかと思われます。

うっかりそこにIDやパスワードを入力してしまうとそのまま情報が盗られ、
銀行へ不正ログインされてしまう可能性があります。

ワンタイムパスワードなどを導入していない場合、
最悪そのまま振込みにより
大事な貯金を盗られてしまうのでかなり危ないですね。

公式サイトでも注意喚起されています。

【インターネットバンキング】パスワードを入力させる偽メールが届いても、絶対に入力しないでください!(平成26年7月7日更新) 三菱東京UFJ銀行

この詐欺メールの主は例によって中国なので、
どうしても横行してしまうのでしょう。


スポンサーリンク

今後も類似のメールは届くと思いますので、
十分注意してくださいね。

とにかく、うっかりURLをクリックしないことが最重要です。

でも、もし自分が利用している銀行で、
不安を煽るようなメールがきたら詐欺と知りつつも
少し不安に感じる人もいるかと思います。

その場合はリンクをクリックせず、
メールの文面を一部抜粋してネット検索してみるか、
銀行の公式サイトを確認してみると良いでしょう。

すでに横行している手口、内容のメールなら
うちのブログのように、
注意喚起してくれているサイトが他にもあるはずです。

もし見つからなくて、どうしても不安だったら
メールのリンクは介せずに銀行のサイトへ行き、
直接メールや電話で問い合わせをするのが確実です。

まぁ、大体が日本語がおかしかったり、
短文すぎたり
してあからさまに怪しいのですが・・・。

数撃ちゃ当たる戦法なのでしょうね(´ω`)

オレオレ詐欺、なりすまし詐欺も手口が進化し、
いまだにその被害額は億単位だそうです。

詐欺は、もちろん仕掛ける方が100%悪いのですが、
私たちの方が対策意識をしっかり持つことが重要ですね・・・。

コメントを残す