迷惑メール対策【PC版】

Pocket


迷惑メールの数が毎日毎日大量で、あまりに鬱陶しくて・・・。

内容も出会い系やきな臭い金儲け、ギャンブル、身体の悩み系など、
ウンザリするものばかり。

たかが迷惑メールといえど、心が弱っている時に見ると
冗談抜きで軽く鬱が入ったり怒りを覚えたりもします。

精神的に少しずつ蝕まれていく感じすらしますよね。

そこで今回は、そんな腹立たしい迷惑メールの数を
確実に減らしていく方法をご紹介します!


スポンサーリンク

メールアドレスは変えたくない・・・

迷惑メール対策に最も効果的なのは言うまでもなく
メールアドレス自体を変えることです。

でも、今までメインで使っていたメールアドレスを変えるのって
実はものすごく大変だったりするんですよね!

楽天などのネットショップでもゲームのアカウントでも、
メールアドレスを使って登録するサイトは多数ありますからね。

知り合いにも告知しなければなりませんし、
登録済サイトのメールアドレスを1つ1つ変えるのはもっと大変!

それに、こっちは何も悪くないのに
悪意のある業者(主に中国系)相手に屈する気がして嫌なんですよね。

あるいは、無料メールアドレスじゃなくて、
信頼性の高いプロバイダのメールアドレスだった場合、

そう簡単には捨てられません(変えられません)。

ちなみに私は、登録したサイトがあまりに多かったので、
新しいアドレスを作って登録(修正)しなおす気には到底なりませんでした。

というわけで・・・。

人海戦術で確実に潰していく!

人海戦術といっても、さすがに毎回大量の迷惑メールを目視で確認して削除する、
ということを延々と繰り返すわけではありませんw

では、どのように対策を施していくか、ですが・・・。

フィルタ機能を使います。

ただ、プロバイダなどが提供している自動の迷惑メールフィルタは
使いません。

コレを使うと迷惑メールでない企業のメールまで迷惑メールにされるので、
誤認がないか、結局大量の迷惑メールをチェックするハメになるからです。

ではどうするかというと、

自分で任意の条件のフィルタを作り、
該当の迷惑メールを自動で削除する

という方法です。

迷惑メールフィルタを自分で作っていく感じですね。

「結局自動かよ!」と突っ込まれそうですが、

迷惑メールでないメールを誤認されないように
自分でフィルタを作るところが大きな違いです。

自分でフィルタを作る機能はプロバイダにも搭載されていたりするんですが、
性能が微妙だったりします。

私の場合、プロバイダはDTIなんですが、

DTIは手動で設定できるフィルタの数に限りがあるし、
メール本文をフィルタに通すことができないのでイマイチでした。

その結果、最終的にいきついたのは
Windows Liveメールです!

Windows Liveメールなら
無限にキーワードを設定できますし、本文中の内容もフィルタできます。

少し面倒もありますが、マジおすすめです!

windows liveメールについてはコチラ
(インストールする場合はwindows liveメールのみ選んでください。)


スポンサーリンク

フィルタの作り方

フィルタの作り方、使い方は超カンタン!

①windows liveメールの「フォルダ」タブから「メッセージルール」をクリック。

ティータイム対策

②新規追加をクリック。

Liveメールでティータイム対策

③「差出人にユーザーが含まれる場合」と「削除する」にチェックを入れる。

windows liveの迷惑メール対策

④「ユーザーが含まれる」をクリック。

迷惑メール対策の設定

⑤拒否したい迷惑メールの差出人の名前の全部もしくは一部を入力して、
追加をクリック。

メーラーで迷惑メール対策

⑥2件目以降、同じ手順で新しい条件を追加できます。

メーラーで迷惑メール削除

⑦ドンドン追加していくと下記のようになります。

メーラーでティータイムをフィルタ設定

以上です。

これで
条件にあてはまる迷惑メールは二度と目にすることはなくなります

管理人オススメのフィルタ設定

↑の③の手順では「差出人にユーザーが含まれる場合」
削除するように設定しましたが、

「件名に指定した文字列が含まれる場合」
「メッセージ本文に指定した文字列が含まれる場合」

も使い分けていく必要があります。

これらのフィルタの使い分けについて軽くご紹介しておきます。

差出人にユーザーが含まれる場合

差出人が分かりやすい文字列の迷惑メールに使えます。

差出人が「山田」のような名前でなく、
○○○○@sangosan.comなどのように、アドレスの場合でも適用されます。

○○○○の部分がいつも違う文字列になっていても、
@以下が数パターンしかない迷惑メールは意外と多いので、

@以下の文字列をフィルタ設定にすると◎。

ただし、yahooやexciteなどのフリーメールは避けた方が良いですね。

ちなみに、上の例で入力した「ティータイム」の場合の話ですが、

「ティー.タイム」
「ティ.ータイム」
「ティータ.イム」

などのように微妙に文字列を変えてくる迷惑メールの場合もあります。

上記の例のように、文字列の
パターンが少なければ毎回それぞれ設定していっても良いと思います。

ただ、
「+%$#.,-*」など、多数の記号をふんだんに混ぜていくタイプの
迷惑メールは、数千通り以上の文字列が作られているため

差出人のフィルタを使って対策するのは厳しいです。

また、差出人が空白である場合や、意味不明な文字列の場合も不向きです。

そのような場合は下記の2点のフィルタ設定で対策します。

件名に指定した文字列が含まれる場合

件名が分かりやすい文字列の迷惑メールに使えます。

「いい加減にしろ!」
「どうせ見ないんでしょ?」
「今までごめんなさい・・・」

など、敢えてインパクトの大きい言葉を件名に入れてくる
迷惑メールに最適なフィルタです。

こういう類の迷惑メールは長期にわたってしつこく
同じ内容のメールを送ってくるので効果大。

差出人が空白、意味不明な文字列の場合は、
このフィルタで対策しましょう。

メッセージ本文に指定した文字列が含まれる場合

差出人も件名もダメな場合に使うフィルタです。

個人的にはかなり優秀なフィルタだと思います。

本文の中に明らかに迷惑メールが使うような文言、キーワードを見つけたら
ドンドンぶっこんで(設定)していきましょう。

この条件に当てはまるメールは、
いかに件名や差出人を変えてきても全部削除されるので非常に便利。

最初に設定しておくと良いこと

迷惑メールが来るたびに個別に設定していくのも良いですが、
事前にやっておくと良いことがあります。

それは、

出会い系やアダルト系、ギャンブル系のキーワードを事前にフィルタに入れておくこと

です。

出会い系やアダルド系キーワードは、
援●、S●X、●ナニー、●ェラ、●出し、などです。

ギャンブル系キーワードは
パチンコ、競馬、LOTOなどに関するキーワードです。

これをやるだけでかなりの量の迷惑メールが
届かなくなる(フィルタが削除してくれる)と思います。

すでに届いてしまった大量の迷惑メールをフィルタに通したい

すでにメーラーが迷惑メールであふれちゃってる場合は、
以下のように、

大量の迷惑メールを判別する

「適用」をクリックして、自分の作ったフィルタと、
フィルタを通したいフォルダーを設定すればOK。

一気にキレイにしてくれます!(^-^)

最後に・・・

以上が私のやっている迷惑メール対策になりますが、
いかがでしたか?

1つ1つ設定していくとかメンドクセーと思うかもしれませんが・・・。

日々設定していくうちに迷惑メールの届く数が激減していくので
意外とそんなに大変ではなかったりします。

1つ問題点があるとすれば、

件名、差出人、本文の3要素全てに、「+%$#.,-*」などの
文字列がランダムに混ぜられている迷惑メール
は対策しようがないということです。

幸い、そういう迷惑メールは今のところ数は少ないようですが、
今後増えていくと厄介ですね。

ぶっちゃけ、そんなメールは読みににくくてしょうがないし、
誰が見てもわかる迷惑メールなんですよね。

つまり、業者から見ても全然効果無いはずなんで、
本当にやめてもらいたいですけどねぇ(´ω`;)

ただまぁ、いまのところは

windows liveのフィルタ設定でアホほどあった迷惑メールを
激減させることができた
ので、個人的には非常に助かっています。

どうしてもメインメアドを変えたくない人はぜひお試しあれ(・∀・)

コメントを残す